大病を患った友達の言葉に重みがあるな!

楽にウォーターサーバー > サプリ > 大病を患った友達の言葉に重みがあるな!

大病を患った友達の言葉に重みがあるな!

仲良くしている友人は十数年前に子宮がんになりました。
彼女は現在30歳。
子宮がんを発症したのは高校生の頃だそうです。
自分が健康なことを信じて疑わない年齢で突然のガン宣告。
とてもショックだったろうと思います。
結婚も出産も自分には無理だと思い、一時はすべてを諦めたという彼女ですが、奇跡的に回復して今は2人の男の子のママになっています。

最近の私の不調を心配した彼女から
「体調悪そうだけど大丈夫?」
と聞かれました。

いつもじっくり話を聞いてくれて親身になってアドバイスをしてくれる彼女(10歳以上年下なのに!)。
現在の体調や心境についての私の話を一通り聞いた上で
「どうにもならない体調不良はあるよね。でも、気の持ちようもすごく大きい要素だよ。明るい気持ちで毎日を過ごせるといいね」
と言ってくれました。

大病を克服した彼女から発せられる言葉は重みがあり、本当にその通りだなぁと気づかされます。

気持ちだけで不調を克服することは出来ませんが、不調の時こそ気持ちを明るく持つように努力することは大切ですね。
私も健康に気を使って美めぐり習慣を飲もうと思います。→美めぐり習慣ならこちら



関連記事

  1. 大病を患った友達の言葉に重みがあるな!
  2. このままフェードアウト
  3. 問題があるのは
  4. 1秒でも早く帰りたい